ポケットWiFiの基礎知識

ポケットWiFiを有線接続する方法2種類【USB接続についても解説】

ポケットWiFiを有線接続する方法2種類【SWITCHはルーターとUSB接続?】
サル
サル

ポケットWiFiを有線接続するにはどうすれば良いの?
モバイルルーターを有線接続するメリットやデメリットを知りたい・・・

ポケットWiFiとパソコンやスマホを有線接続をしたいけれど、どうすれば良いか分からない人も多いと思います。

そこで、ここではポケットWiFiを有線接続する方法について詳しく解説していきます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ポケットWiFiルーターを有線接続するための道具を自分で用意する必要もありますので、詳しく確認していきましょう。
この記事で分かること
  • ポケットWiFiを有線接続する方法
  • ポケットWiFiで有線接続するメリット・デメリット
  • ポケットWiFiとSwitchとの接続方法

 

目次
  1. ポケットWiFiを有線接続する方法
  2. ポケットWiFiルーターを有線接続するメリット
  3. ポケットWiFiルーターを有線接続するデメリット
  4. ポケットWiFIは有線接続と無線接続は同時に可能
  5. ポケットWiFIは変換ケーブルでSwitch等の様々な機器に有線接続可能
  6. ポケットWiFIで有線接続できない時に試してみること
  7. ポケットWiFiで有線・無線接続ともにおすすめのプロバイダ2選

ポケットWiFiを有線接続する方法

ポケットWiFiを有線接続する方法

ポケットWiFiを有線接続する方法は2種類あります。

  • 有線接続方法①LANケーブルを使う
  • 有線接続方法②USBケーブルを使う
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
端末側の差し込み口や、ポケットWiFiルーターの種類によって①と②のどちらかを選択します。

ポケットWiFiの有線接続方法①LANケーブルを使う

ポケットWiFiの有線接続方法①LANケーブルを使うポケットWiFiを有線接続する方法として最もメジャーなのは、LANケーブルを使う方法になります。

LANケーブルとは…
LANケーブルとは、有線でインターネット接続をするために使うケーブルの1つ。製品によって通信速度が異なり、CATの後にある数字が大きいほど高速通信回線に対応している。

ポケットWiFiルーターを有線LANケーブルで接続する手順は次の通りです。

  1. ポケットWiFiをクレードルに接続する
  2. クレードルと接続したい端末をLANケーブルで繋げる
  3. インターネット接続を確認する

パソコン、ゲーム機などはLANポートがあるため、LANケーブルを差し込むだけでセッティングは完了します。

ですが、ポケットWiFiルーター側にはLANポートが無いため、クレードルと呼ばれる拡張器を別途用意して接続することになります。

クレードルは次のポケットWiFiのスタンドのような機器です。

有線接続方法①LANケーブルを使う

出典:uqwimax.jp

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
機種によってはクレードルが無い場合もあります。その場合は②のUSBケーブルを使いましょう。

また、スマホとポケットWiFiはLANケーブルでは有線接続は基本的にできません。

ポケットWiFiの有線接続方法②USBケーブルを使う

ポケットWiFiの有線接続方法②USBケーブルを使う
サル
サル
USBケーブルでポケットWiFIを有線接続する場合もクレードルは必要なの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
USBケーブルの場合はクレードルは必要ないよ。

ただし、充電専用のUSBケーブルだと有線接続はできません。通信用の有線接続USBケーブルを用意しましょう。

通信用のUSBケーブルを用意したら、次の手順で接続します。

  1. ポケットWiFiにUSBケーブルを接続する
  2. 接続したい機器にUSBケーブルを接続する
  3. インストールされたドライバーを実行する(初回)
  4. インターネット接続を確認する

PCとポケットWiFiをUSBケーブルで有線接続をすると、自動でインストールされたドライバを実行しなければならない場合があります。

なお、初回接続時はログイン情報が必要になる可能性があるため、ポケットWiFiサービスから渡されたIDやパスワードを手元に用意しておきましょう。

ポケットWiFiルーターを有線接続するメリット

ポケットWiFiを有線接続するメリットポケットWiFiを有線接続するメリットは次の4つです。

有線接続のメリット

  • 無線より通信が安定する
  • 通信速度が向上する
  • セキュリティ強度が上がる
  • 無線非対応の古いPCもネット接続できる

それぞれ、順番に解説します。

有線接続のメリット①無線より通信が安定する

ポケットWiFiの有線接続は無線接続よりも通信が安定します。なぜなら、無線通信は周辺の環境やポケットWiFiと端末の距離、別ルーターの電波と干渉などが影響して、通信が不安定になりやすいです。

有線接続だと、LANケーブルやUSBケーブルといった物理的なケーブルで通信が保護されているため、ほかの電波と干渉しあわずポケットWiFiと端末間の通信が安定します。

有線接続のメリット②通信速度が向上する

ポケットWiFiルーターを有線接続するメリットとして、通信速度の向上も挙げられます。

通信が安定するということは、電波干渉を受けずにデータの送受信が可能になるため、結果的に通信速度が上がります。

通信速度が上がると高画質な動画大量のデータを短時間で送受信可能オンラインゲームの遅延が少なくなるなどのメリットがあります。

有線接続のメリット③セキュリティ強度が上がる

ポケットWiFiは、一般的に無線通信よりも有線接続通信の方がセキュリティ強度は上がります

無線通信はアクセスポイントを設置しますが、このアクセスポイントは接続できる距離に居る人なら誰でもアクセスできてしまいます。

もちろん、パスワードが分からなければ利用することは出来ません。しかし、パスワードを総当たり攻撃などで突破されると、見知らぬ誰かにポケットWiFiの通信を勝手に使われてしまうという事態になります。

有線接続なら見知らぬ誰かがアクセスすることは不可能になるため、ポケットWiFiを勝手に利用されるようなことは起きません。

有線接続のメリット④無線非対応の古いPCもネット接続できる

ポケットWiFiルーターを有線接続をすると古いPCでもネットに繋げられる場合があります。

古いパソコンやノートパソコンは、WiFi(無線通信)非対応というのも珍しくありません。

無線非対応の端末でも、LANケーブルやUSBケーブルといった有線接続可能な差し込み口があれば、ポケットWiFiルーターに繋げてインターネットを楽しむことが出来ます。

ポケットWiFiルーターを有線接続するデメリット

ポケットWiFiを有線接続するデメリットポケットWiFiルーターを有線接続するデメリットは次の3つになります。

有線接続のデメリット

  • 有線ケーブルを購入する必要がある
  • クレードルが必要な場合がある
  • 持ち運びが面倒になる(利便性が下がる)
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ポケットWiFiの機種によってデメリットは異なります。

有線接続のデメリット①有線ケーブルを購入する必要がある

ポケットWiFiルーターにもよりますが、LANケーブルやUSBケーブルが同梱されていない場合、有線接続をするならケーブルを自分で購入する必要があります

LANケーブルやUSBケーブルの価格は1,000円前後ですが、自分で性能を比較したり、対応しているのか確認する作業は手間になります。

有線接続のデメリット②クレードルが必要な場合がある

ポケットWiFiの機種によっては、LANケーブルを接続する際にクレードルが必要な場合があります。例えば、WiMAX2+回線を利用するSpeed WiFi NEXT WXシリーズは別売りのクレードルが必要になります。

サル
サル
全部のポケットWiFiにクレードルはあるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
クレードルが無いポケットWiFiもあるよ。

すべてのポケットWiFiルーターにクレードルが有るとは限りません。Speed Wi-Fi NEXT W06はクレードルが無いタイプのポケットWiFiのため、LANケーブルを用いて有線接続することが出来ません。

有線接続のデメリット③持ち運びが面倒になる(利便性が下がる)

ポケットWiFiを有線接続をする場合、LANケーブルかUSBケーブルのどちらかを持ち歩く必要があり、LANケーブルだとクレードルもセットで持ち歩かないと意味がありません。

ポケットWiFiのルーターメリットの1つにサイズが小さいため持ち運びがしやすいという利便性の高さがあります。有線接続だと、かえってポケットWiFiのメリットを消してしまいます。

ポケットWiFIは有線接続と無線接続は同時に可能

ポケットWiFIは有線接続と無線接続は同時に可能
サル
サル
ポケットWiFiは有線接続しながら無線接続ってできるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
結論から言うと可能だけど、通信データ容量の減りが大きくなるデメリットもあるから注意しよう。

ポケットWi-Fiと端末を有線接続しながら、別の端末と無線接続をすることは可能です。特別な設定をする必要はなく、有線接続をした状態で無線接続の設定をするだけです。

ただし、複数台の同時接続は通信データ容量を複数の端末で分け合うため、通信データ容量の減りが大きくなるというデメリットがあります。

ポケットWiFIは変換ケーブルでSwitch等の様々な機器に有線接続可能

ポケットWiFIは変換ケーブルで様々な機器に有線接続可能ポケットWiFi(モバイルWiFiルーター)を有線接続する際、パソコンやノートパソコン、一部スマートフォンにはLANケーブルかUSBケーブルの差し込み口があるため、形状が合ったケーブルを選択すれば、すぐに接続できます。

一方でいくつかの端末ではそのまま有線接続することは出来ず、変換ケーブルを用いる必要があります。

  • Switch
  • iPhone
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
これらの機器は有線ケーブルとは別に有線LANアダプター(変換ケーブル)が必要になります。

ポケットWiFiとSwitchの有線接続方法(LANケーブル、有線LANアダプターが必要)

Switch(ゲーム機)とポケットWi-FiをLANケーブルで接続する場合は、次の2つが必要になります。

必要なもの

  • ポケットWiFiと接続するLANケーブル
  • 有線LANアダプター

有線LANアダプターとは、SwitchにあるUSB端子にLANケーブルを繋げるための変換ケーブルです。接続方法は次の通りになります。

  1. ポケットWiFiにLANケーブルを接続する
  2. LANケーブルとLANアダプターを接続する
  3. LANアダプターをSwitchドックのUSB端子に接続する
  4. 本体の設定から「有線でインターネット」に接続を選択する

ポケットWiFiとiPhoneの有線接続方法(LANケーブル、Lightning用の有線LANアダプターが必要)

iPhoneとポケットWiFiをLANケーブルで接続する場合は、次の3つが必要になります。

  • ポケットWiFiと接続するLANケーブル
  • Lightning用の有線LANアダプター

iPhoneの端子はUSBではなく、Lightningという独自規格となっています。そのため、LANケーブルをLightningに繋げるための有線LANアダプターが必要になります。接続方法は次の通りになります。

  1. ポケットWiFiにLANケーブルを接続する
  2. LANケーブルとLightning用の有線LANアダプターを接続する
  3. Lightning用の有線LANアダプターをiPhoneに接続する
  4. 設定画面でEthernetに接続しているのを確認する

ポケットWiFIで有線接続できない時に試してみること

ポケットWiFIで有線接続できない時に試してみることポケットWiFiで有線接続ができない場合は、次の2つを試してみましょう。

  • 端末の再起動
  • LANケーブルを変更する(規格に問題がある可能性)

それぞれ、順番に解説します。

有線接続できない時の対処法①端末の再起動

ポケットWiFiで有線接続ができない場合は、端末を再起動してみましょう。再起動すると、端末に蓄積された不要なデータなどが削除されて、接続しやすくなる可能性があります。

ポケットWiFiの再起動方法は機種によって異なりますが、基本的には次の流れとなります。

  1. 接続している端末を切断する
  2. 再起動ボタンを押す(再起動ボタンが無ければ電源をオフ→オンする)
  3. 画面が起動したら再起動完了
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
再起動の方法はきちんと説明書を見て確認しよう

有線接続できない時の対処法②LANケーブルを変更する(規格に問題がある可能性)

ポケットWiFiを再起動しても有線接続ができない場合は、使用している有線ケーブルに問題があるのかもしれません。考えられる問題は次の2つになります。

  • ケーブルが内部で断線している
  • ケーブルが通信用じゃない

有線ケーブルでよくあるトラブルが、内部で断線していることです。ケーブルを折って結んでいると、内部で線が切れてしまうことがあります。その場合は、別のケーブルを使用しましょう。

また、USBケーブルでよくあるのが、充電用のUSBケーブルと通信用USBケーブルを間違えて使用していることです。充電用のUSBケーブルではインターネットに接続することは出来ません。

サル
サル
充電用と通信用を見分けるポイントはあるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
外見じゃ分からないから、購入するときのパッケージでしっかりと確認しよう。

ポケットWiFiで有線・無線接続ともにおすすめのプロバイダ2選

ポケットWiFiで有線・無線接続ともにおすすめの2選ポケットWiFiサービスはいくつもの種類がありますが、そのなかで有線接続・無線接続共におすすめのプロバイダは次の2つです。

おすすめプロバイダ①GMO とくとくBB WiMAX

事務手数料 3,300円
端末代金 0円
月額料金 初月:2,079円
1~2ヶ月目:
2,079円
3~36ヶ月目:
4,389円
37ヶ月目以降:
4,444円
実質月額料金 3,939円
契約期間 3年
端末実測値(平均通信速度)
※Galaxy 5G
下り:58.6mbps
上り:22.88mbps
速度制限条件 WiMAX2+回線:3日間10GB
WiMAX5G+回線:無制限
解約金 更新月(37ヶ月目)
0円

初月~12ヶ月目
20,900円
13~24ヶ月目
15,400円
25ヶ月目以降
10,450円

GMO とくとくBB WiMAXは実質月額料金が最も安いポケットWiFiサービスになります。

その安さの秘密は他のポケットWiFiサービスに比べても高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているからで、キャンペーンの適用条件に当てはまるならGMO とくとくBB WiMAXはお得になります。

 

おすすめプロバイダ②Broad WiMAX

端末代金 21,780円
事務手数料 3,300円
月額料金 初月:2,090円 1~2ヶ月目: 2,090円 3~36ヶ月目: 3,894円
実質月額料金 4,425円
契約期間 3年
端末実測値(Galaxy 5G 下り:58.6mbps 上り:22.88mbps
速度制限条件 WiMAX2+回線:3日間10GB WiMAX5G+回線:3日間15GB
解約金 初月:0円 1~12ヶ月目:20,900円 13~24ヶ月目:15,400円 25ヶ月目以降:10,450円 ※更新月(37ヶ月目):0円

Broad WiMAXは月額料金が他のポケットWiFiサービスに比べて非常に安いのが特徴です。

下り最大速度は2.7Gbpsを超えており、固定回線並みの通信速度でインターネットを楽しめるのも魅力的です。

 

ポケットWiFi選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「わかるポケットWiFi」が総力を挙げて全24社のポケットWiFiを徹底比較し、おすすめを紹介しています。
あなたが選ぶべきポケットWiFiはどれなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
わかるポケットWiFi編集部
ポケットWiFiを分かりやすく解説するメディア「わかるポケットWiFi」の編集部。 ポケットWiFi・光回線を10種類以上使ったことがある担当者が記事制作・監修を担当しています。
RELATED POST