【2022年1月】ポケットWiFiのおすすめランキング21選比較

【21社比較】2021年最もおすすめのポケットWiFiは?
サル
サル
ポケットWiFiのおすすめってどれなの?
ポケットWiFiは種類が多すぎて選び方が分からない・・・

ポケットWiFiはプロバイダによって機種や料金、通信速度が異なります。多すぎるポケットWiFiをどう選んで良いか分からないという方も多いかと思います。

この記事では、人気の主要おすすめポケットWiFi21社を重要な項目を洗い出し、徹底的に比較しました。

比較した結果判明した、どのポケットWiFiがおすすめなのかを紹介していきます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ポケットWiFi選びで悩んでいる方は参考にしてみてください。

ポケットWiFiの選び方

ポケットWiFiの選び方は次の4つが大事になります。

ポケットWiFiを選ぶポイント
①データ容量・
通信制限
②実質料金 ③通信速度 ④バッテリー持ち
データ容量・ 通信制限 実質料金 通信速度 バッテリー持ち
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
どのポイントを重視するかで、選ぶポケットWiFiが変わります。
上記の選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

ポケットWiFiが該当エリアで使えることは必須条件

ポケットWiFiが該当エリアで使えることは必須条件ポケットWiFiを選ぶときは大前提として、自分の住んでいる地域や使用する予定のエリアで使えるポケットWiFiを選ぶべきです。

大抵のポケットWiFiは日本の大部分をカバーしていますが、新しいプロバイダなどは首都圏はカバーできていても、地方はカバーできていないこともあります。

特に新規参入のポケットWiFiを選ぶ場合などは、エリアが対応しているかは念入りに確認するようにしましょう。

ポケットWiFiの選び方①データ容量・通信制限

ポケットWiFiを選ぶポイントの1つ目は、月間のデータ容量が多く、通信制限がゆるいものを選ぶことです。

基本的に月間データ容量が多いほど、多くの動画や音楽、アプリを楽しむことができます。反対に、データ容量が少ないポケットWiFiだと、すぐに通信制限が掛かってしまい、インターネットを楽しむのが難しくなります。

サル
サル
通信制限がかかると、全く通信できなくなるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
メッセージのやり取りはできるけど、動画を視聴したり、写真をアップロードするのは難しいことが多いね。

速度制限の内容や条件はポケットWiFiによって異なりますが、概ね1Mbps〜128kBpsまで制限され、ブラウザ閲覧や動画視聴が厳しくなります。

インターネットをたくさん利用する方は、月間データ容量を多いものを選ぶのがおすすめです。

ポケットWiFiの選び方②実質料金

ポケットWiFiを選ぶポイントの2つ目は、実質料金が安いものを選ぶことです。

ポケットWiFiを契約すると、次の料金が発生します。

  • 事務手数料
  • 端末代金
  • 月額料金
  • キャッシュバック

これらの料金を合計し、契約期間で割ったときの1ヵ月あたりの料金を実質料金と呼びます。

実質料金 = 全料金(事務手数料+端末代金+(月額料金×契約期間)− キャッシュバック)を契約期間で割った時の1ヶ月あたりの料金

コストパフォーマンスにこだわるなら、実質料金を比較して安いポケットWiFiを選ぶのがおすすめです。

ポケットWiFiの選び方③通信速度

ポケットWiFiを選ぶポイントの3つ目は、通信速度が速いものを選ぶことです。ポケットWiFiは、選ぶ会社によって最大通信速度に差があります。

※表は左右にスクロールできます

WiMAX ワイモバイル au ソフトバンク 楽天モバイル ドコモ
下り速度 2,7Gbps 838Mbps 4.1Gbps 988Mbps 150Mbps 4.1Gbps

また、同じポケットWiFIでも選ぶ端末によって通信速度に違いがあります。例えば、WiMAXの通信端末の通信速度は次のようになっています。

SCR01 X11 W06
下り最大速度 2.2Gbps 2,7Gbps 1,237Mbps
上り最大速度 183Mbps 183Mbps 75Mbps
発売日 2021/4/8 2021/10/15 2019/01/25

基本的に、端末は最新のものを選ぶのがおすすめです。

サル
サル
通信速度が違うと、どれぐらいインターネットが快適になるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
環境にもよるけど、1GBのデータをダウンロードするのに30Mbps遅いと41秒も遅くなるよ。

ポケットWiFiの選び方④バッテリー持ち

ポケットWiFiを選ぶポイントの4つ目は、バッテリーの持ちが良いのを選ぶことです。

ポケットWiFiは室内以外に屋外でも使用できる通信機器です。持ち運びしやすいサイズで、外でインターネットを使いたいときに役立ちます。

しかし、バッテリーで動いているため、使用できる時間に制限があります。

機種によって連続して使用できる時間に違いがあるため、屋外でずっと作業するのに必要な方はバッテリー持ち時間が長いポケットWiFiがおすすめです。

無制限クラウド系ポケットWiFiはトラブルありなので注意

無制限クラウド系のポケットWiFiは料金が安く、大手キャリアの回線を自動的に切り替えながら利用できるのがメリットですが、一方でトラブルが多いというデメリットがあります。

無制限クラウド系WiFi

  • どんなときもWiFi
  • 限界突破WiFI
  • THE WiFi
  • それがだいじWiFi
    など・・・

無制限クラウド系の「どんなときもWi-Fi」や「限界突破Wi-Fi」では通信障害が発生し、解決するまで1ヵ月前後かかりました。

契約する際は注意が必要です。

人気ポケットWiFiおすすめ21社を一覧で徹底比較

人気ポケットWiFiのおすすめ21社を4つのポイント「データ容量・通信制限」「実質月額料金」「通信速度」「バッテリー持ち」で徹底的に比較しました。

※記載している端末は、そのポケットWiFiで最も主要に使われている機種になります。

※表は左右にスクロールできます

WiMAX系 端末 月間データ容量 通信速度制限 実質月額料金 通信速度 待ち受け
バッテリー時間
連続通信時間
WiMAX SCR01 月間の上限なし 3日間で10GB以上の利用で
翌日18時〜翌々日2時まで下り最大1Mbps
3,647円 2,2Gbps 400時間 16時間
au Speed Wi-Fi
5G X01
基本上限なし なし 4,462円 4.1Gbps 240時間 3時間
縛りなしWiFi W06 ・月間20GB
・月間50GB
・日間2GB
・なし
・3日間で10GB以上の利用で
翌日18時〜翌々日2時まで下り最大1Mbps
・月間データ容量を超えた場合下り128kbps
縛りなし:3,383円
縛っちゃう:2,883円
1,237Mbps 800時間 9時間
通信キャリア系 端末 月間データ容量 通信速度制限 実質月額料金 通信速度 待ち受け
バッテリー時間
連続通信時間
ワイモバイル 803ZT ・月間7GB
・月間の上限なし
月間データ容量を
超えた場合下り128kbps
月間7GB:4,365円
上限なし:5,118円
838Mbps 1,590時間 12時間
楽天モバイル Rakuten WiFi
Pocket
基本上限なし なし 3,257円 150Mbps 300時間 10時間
ネクストモバイル FS030W ・月間20GB
・月間30GB
月間データ容量を
超えた場合下り128kbps
月間20GB:2,575
月間30GB:2,950円
150Mbps 600時間 20時間
ドコモ Wi-Fi STATION
SH-52A
・月間60GB
・月間7GB
月間データ容量を超えた場合下り128kbps 3,014円
(※必ずスマホ回線と
一緒に契約する必要あり)
4.1Gbps 200時間 5時間
ソフトバンク 802ZT ・月間50GB
・月間5GB
月間データ容量を超えた場合下り128kbps 月間50GB:8,794円
月間5GB:4,944円
988Mbps 1,590時間 12時間
Fuji WiFi H01 ・日間10GB
・日間5GB
日間10GB・5GBのデータ容量を
使い切ると当日回線停止
日間10GB:5,995円
日間5GB:4918円
150Mbps 不明 10時間
クラウドSIM系 端末 月間データ容量 通信速度制限 実質月額料金 通信速度 待ち受け
バッテリー時間
連続通信時間
ゼウスWiFi H01 ・月間100GB
・月間40GB
・月間20GB
月間データ容量を
超えた場合下り128kbps
月間100GB:3,542円
月間40GB:2,805円
月間20GB:2,105円
150Mbps 不明 10時間
どこよりもWiFi M629 月間200GB 月間データ容量を
超えた場合下り128kbps
4,063円 150Mbps 不明 不明
限界突破WiFi jetfon P6 なし 日間5GBの利用で
下り4Mbps、
日間10GBの利用で下り128kbps
3,500円 150Mbps 不明 15時間
それが大事WiFi U3 月間100GB 月間データ容量を
超えた場合下り384kbps
3,380円 150Mbps 不明 12時間
hiho Let’s WiFi U2s ・月間210G
・月間120GBB
最大7GBの日間データ容量を
使い切ると128kbps
月間210GB:4,190円
月間120GB:3,065円
150Mbps 不明 12時間
ギガWiFi U3 月間100GB 月間データ容量を
超えた場合下り384kbps
3,380円 150Mbps 不明 12時間
ギガゴリWiFi FS030W ・月間30GB
・月間20GB
月間データ容量を
超えた場合下り128kbps
月間30GB:2,950円
月間20GB:2,683円
150Mbps 不明 20時間
THE WiFi U2s ・月間100GB
・月間40GB
月間データ容量を
超えた場合下り128kbps
月間100GB:3,811円
月間40GB:3,219円
150Mbps 不明 12時間
Mugen WiFi U3 ・月間100GB 月間データ容量を
超えた場合下り384kbps
3,380円 150Mbps 不明 12時間
EX-WiFi U3 ・月間100GB
・月間50GB
月間データ容量を
超えた場合下り128kbps
月間100GB:3,380円
月間50GB:2,680円
150Mbps 不明 12時間
地球WiFi U3 月間100GB 月間データ容量を
超えた場合下り384kbps
3,980円 150Mbps 不明 12時間
モンスターモバイル Macaroon M1 月間50GB 月間データ容量を
超えた場合下り256kbps
2,650円 150Mbps 不明 12時間

ポケットWiFiは最も利用者が多く通信制限の緩い「WiMAX」がおすすめ

ポケットWiFiを選ぶなら、契約者が一番多く、通信制限の緩い人気のWiMAXがおすすめです。

当サイトで424名にアンケート調査を行ったところ、ポケットWiFi利用者の4割以上がWiMAXを使っているという結果となりました。

利用者の割合から見ると、WiMAXが圧倒的に人気ということが分かります。

また、WiMAXは月間の通信データ容量は無制限で、3日10GBを超えなければ通信制限にかかることもありません。

他のポケットWiFiと比べると、ストレスなく使えるWiMAXがおすすめです。

 

ポケットWiFiを「料金の安さ」で選ぶなら「楽天モバイルWiFi」「クラウドSIM系」もおすすめ

ポケットWiFiを選ぶ際に、料金の安さを特に重視するのであれば「楽天モバイルWiFi」「クラウドSIM系」もおすすめです。

実際の料金も安いですし、次のアンケート調査の料金に対する満足度も高いです。

ただし、「通信の安定性」や「通信速度」に関する満足度は低いため、通信環境にストレスを持ちたくないという方にはおすすめできません。

ポケットWiFiを利用経験者に、「次のポケットWiFiを選ぶ際に一番重視することは?」というアンケートを取ったところ、「通信の安定性」と「通信速度」を重視する人の方が「料金の安さ」を重視する人よりも多いことが分かりました。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
料金の安さだけでポケットWiFiを選ぶと後悔する可能性が高いので注意しましょう。

 

ポケットWiFiで迷っているならWiMAXがおすすめ

ポケットWiFiで迷っているならWiMAXがおすすめポケットWiFiに迷っているなら次の理由からもWiMAXがおすすめです。

WiMAXがおすすめの理由
  • 「データ容量・通信制限」
    →月間の上限はなく、短期的な通信制限もゆるくストレスがかからない
  • 「実質月額料金」
    →他ポケットWiFiと比較しても十分安い
  • 「通信速度」
    →ポケットWiFiの中で最も速い
  • 「バッテリー持ち」
    →ストレスがかからない十分なバッテリー持続時間

WiMAXのプロバイダはお得な「Broad WiMAX」か「GMOとくとくBB」がおすすめ

WiMAXは、20社以上のプロバイダがありますが違いは料金だけです。どこで契約しても速度や通信制限、対応エリアなどは変わりません。

つまり、できるだけ料金の安いWiMAXプロバイダを選んだ方が良いというわけです。

そこでおすすめなのがBroad WiMAXです。

おすすめポケットWiFiプロバイダ①Broad WiMAX

事務手数料 3,000円
初期費用・端末代 0円
月額料金 1ヵ月目〜:2,726円
3ヵ月目〜:3,411円
25ヵ月目〜:4,011円
3年総額 131,326円
その他キャンペーン ・初期費用18,857円割引
・端末料金無料
・乗り換えキャンペーン
・2台同時申し込みで10,000円キャッシュバック

Broad WiMAXは、WiMAXプロバイダの中で最も月額料金が安いです。他のポケットWiFiや光回線からの乗り換えで、乗り換え元の違約金も負担してもらえる点も他社より優れています。
他WiMAXプロバイダはキャッシュバックを受け取る手間がかかる場合がありますが、Broad WiMAXはもともと月額料金が安く設定されているため、そういった手間が一切かかりません。

 

おすすめポケットWiFiプロバイダ②GMOとくとくBB

事務手数料 3,000円
初期費用・端末代 0円
月額料金 1ヵ月目〜:3,609円
3ヵ月目〜:4,263円
3年総額 127,660円
その他キャンペーン 最大30,000円キャッシュバック
LTEオプション料金無料

GMOとくとくBBは、WiMAXプロバイダの中でキャッシュバックを含めた3年総額料金が最も安いプロバイダです。
キャッシュバックを受け取る手間がややかかりますが、最安でWiMAXを契約したい場合は一番おすすめのプロバイダです。

 

WiMAXのおすすめプロバイダ4選をチェックしたい場合は、以下をご覧ください。

 

WiMAXの端末を選ぶなら「SCR01」がおすすめ

出典:uqwimax.jp

WiMAXの端末(ルーター)を選ぶなら、「SCR01(Galaxy 5G Mobile WiFi)」という5G対応機種が次の理由からおすすめです。

端末はSCR01がおすすめの理由
  • 5G対応で速度が速い
  • バッテリー持ちが抜群に良い
  • 軽量で持ち運びやすい

SCR01は総合的なスペックが良いのですが、一番のおすすめ理由は同じ5G機種であるX11よりも連続通信時間が2倍も長いことです。
電池切れによるストレスの軽減にも繋がるので、かなりの重要ポイントです。

X11の方が通信速度は速いのですが、SCR01も十分にスピードは出ているので、その点は気にしなくても良いでしょう。

WiMAX端末(ルーター)を全機種比較した以下の記事も参考にしてみてください。

→WiMAXルーターを全機種比較

ポケットWiFiのおすすめ【種類・目的別】

種類・目的別のポケットWiFiのおすすめを紹介します。

種類・目的 おすすめの人
とにかく安いポケットWiFiのおすすめ 料金重視の方
レンタルできるポケットWiFiのおすすめ 短期間だけポケットWiFiを使いたい方
口座振替できるポケットWiFiのおすすめ クレジットカードを持っていない方
SIMフリーのポケットWiFiのおすすめ 格安SIMを使いたい方

とにかく安いポケットWiFiのおすすめ

とにかく安いポケットWiFiは次のような方におすすめです。

  • 通信量は料金を重視する方

安いポケットWiFiのおすすめTOP3を次の記事で紹介しています。

レンタルできるポケットWiFiのおすすめ

レンタルできるポケットWiFiは次のような方におすすめです。

  • 短期間だけポケットWiFiを使いたい方
  • なるべく早くポケットWiFiを使いたい方

レンタルできるポケットWiFiのおすすめは以下の記事をご覧ください。

口座振替できるポケットWiFiのおすすめ

口座振替できるポケットWiFiは次のような方におすすめです。

  • クレジットカードを所持していない方
  • なんらかの理由でクレジットカードを使いたくない方・使えない方

口座振替できるポケットWiFiのおすすめは以下の記事をご覧ください。

SIMフリーのポケットWiFiのおすすめ

SIMフリーのポケットWiFiは次のような方におすすめです。

  • 格安SIMでコストダウンしたい方
  • 違約金を気にしたくない方
  • 海外でも柔軟にポケットWiFiを使用したい方

SIMフリーのポケットWiFiのおすすめは次の記事をご覧ください。

ポケットWiFiとは

ポケットWiFiとは、持ち運びが可能なサイズのWiFiルーターです。スマートフォンやノートパソコンと繋げることで、工事不要でインターネットに接続することができます。

対応エリアの範囲内なら、いつでもどこでも使えるという利便性が最大の魅力です。

移動時にインターネットをどこでも快適に使えたり、自宅で光回線の代わりに使用したりと、ネット需要の高まりと共に利用者が増え続けています。

基本的に無線接続ですが、機種によっては有線接続をすることで高速通信が可能になります。

ポケットWiFiで速度が一番速いのはどれ?

ポケットWiFiの速度で一番速いのはWiMAXのX11です。

ポケットWiFiでは、上り速度よりも下り速度の方が重要ですが、X11は下りの実測値が最も速いです。

下り速度 インターネットからデータをダウンロード(下る)する際の速度
上り速度 インターネットへデータをアップロード(上る)する際の速度

下り最大速度は2.7bpsで、現在でもトップクラスの性能となっています。

ポケットWiFiの通信速度について、次の記事でくわしくまとめているのでご覧ください。

【速度をガチ比較】1番速いポケットWiFiが決定!
【速度をガチ比較】1番速いポケットWiFiが決定! 外出先でもインターネットが利用できるポケットWi-Fiは需要が高まっていることもあり、多くの方が利用を考えています。しかし、どこ...

ポケットWiFIの基本的な使い方

ポケットWiFiを契約してから電源をオンにするまでの流れは次になります。

  1. ポケットWiFiを契約
  2. SIMカードを端末に挿入
  3. ポケットWiFiの電源を入れる
  4. SSIDとパスワードを確認する
サル
サル
SSIDってなに?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ポケットWiFiの識別番号だよ。

電源をオンにしたら、パソコンやスマートフォンと接続するのですが、端末のOSによって接続するための手順が異なります

ポケットWiFiの基本的な使い方について、次の記事でくわしくまとめているのでご覧ください。

ポケットWiFiの使い方ガイド【立ち上げ〜機器への繋げ方まで完全解説】
ポケットWiFiの使い方ガイド【立ち上げ〜機器への繋げ方まで完全解説】 ポケットWiFiは持ち運びがしやすく、接続方法も簡単なため、テレワークや出張先での通信手段として重宝されます。 しかし、使い方...

ポケットWiFIを違約金なしで解約する方法

違約金を支払わないで解約する方法は次になります。

  • 更新月に解約する
  • 違約金負担キャンペーンを利用する
  • 乗り換え先のキャッシュバックを利用する

ポケットWiFiには契約期間が設定されており、契約期間内に解約すると違約金を支払う決まりとなっています。

サル
サル
契約期間や解約違約金は全部一緒なの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ポケットWiFiごとに異なるから、確認しておく必要があるよ。

解約違約金は契約期間が更新されるタイミングで無料に解約できる、解約するタイミングによって解約違約金が異なるなど、ルールが複雑です。

ポケットWiFiの解約違約金について、次の記事でくわしくまとめているのでご覧ください。

【違約金なし】ポケットWiFiの解約方法を徹底解説
【違約金なし】ポケットWiFiの解約方法を徹底解説 ポケットWiFiの解約はタイミングや契約内容によって料金や更新月のルールが異なります。 プロバイダにもよりますが、解約違約...

ポケットWiFiの電波が悪い・繋がらない時の対処法

ポケットWiFiの電波が悪かったり、繋がらない・遅い場合は次のような原因が考えられます。

  • サービスエリア範囲外にいて電波が入らない
  • 速度制限がかかっている
  • 障害物に電波が遮られている
  • 電子機器と電波干渉している
  • ポケットWiFiの不具合
  • 接続デバイス側(パソコン等)の不具合

次の記事で、対処法を詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

ポケットWiFiが遅い・電波が悪い原因と対処法【通信速度が速い機種も紹介】 ポケットWiFiの通信速度が遅い、電波が悪く通信しにくいといったトラブルはイライラして困りますよね。 この記事ではポケット...
ポケットWiFiがインターネット繋がらない・繋がりにくい原因と対処法 ポケットWiFiとネットの接続が上手くいかない問題はよくあるトラブルですが、快適にインターネットを利用したい場合はイライラします...

ポケットWiFiの基礎知識

ポケットWiFiの基礎知識について解説していきます。

ポケットWiFiでオンラインゲームは快適にできる?

ポケットWiFiでPS4などのオンラインゲームは可能です。ただし、快適にプレイしようと思うなら次の条件が必要です。

  • 通信速度は5Mbps以上必要
  • Ping値は50ms以下が理想

また、PS4のゲームダウンロードやシステム更新には大きな通信量がかかるので注意が必要です。

次の記事に詳しくまとめています。

ポケットWiFiでPS4のオンラインゲームはできる【5つの注意点あり】
ポケットWiFiでPS4のオンラインゲームはできる【有線&クレードルが必須?】 ポケットWi-Fiで場所を選ばず、PS4のオンラインゲームができたら、とても便利ですよね。 そこで、ここでは、ポケットWi...

ポケットWiFiとパソコンをつなぐ方法

ポケットWiFiとパソコンを接続するには、SSID(アクセスポイント)を選択し、パスワードを入力するだけです。

次の記事で、WindowsとMacそれぞれの接続方法を画像付きで解説しています。また、ポケットWiFiとパソコンを快適に接続するポイントもまとめていますので、参考にしてみてください。

ポケットWiFiでパソコンは快適にネット可能?【接続方法も分かりやすく解説】 ポケットWiFiは、携帯できるコンパクトサイズで、旅行先や出張先などいつでもどこでもインターネット接続が可能で非常に便利なアイテ...

ポケットWiFiを有線接続する方法

ポケットWiFiを有線接続する方法は次になります。

  • LANケーブルを使う
  • USBケーブルを使う

ポケットWiFiを有線接続すると、次のようなメリットがあります。

  • 無線通信より通信が安定する
  • 通信速度が向上する
  • セキュリティ強度が上がる
  • 無線非対応の端末でもインターネットに接続できる
サル
サル
無線に対応していない端末ってあるの?
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
古いパソコンは無線通信が内蔵されていなから、有線接続か無線を外付けする必要があるんだよ。

ポケットWiFiと端末を有線接続すると、通信が安定するなどのメリットがあります。しかし、接続するポケットWiFiや端末の種類によってはケーブルのほかにアダプターやクレードルが必要になります。

ポケットWiFiの有線接続について、次の記事でくわしくまとめているのでご覧ください。

ポケットWiFIを有線接続する方法2種類【デメリットも解説】
ポケットWiFiを有線接続する方法2種類【デメリットも解説】 ポケットWiFiの有線接続をしたいけれど、方法が分からない人も多いと思います。 そこで、ここではポケットWiFiを有線で接...

ポケットWiFiの端末補償オプションは必要ない

ポケットWiFiの端末補償オプションは次の理由から必要ありません。

  • 故障などで支払う金額よりもオプション料金を払い続けた方が高くつく可能性が高い
  • メーカー保証期間がある
  • 中古で購入も可能

ポケットWiFiの端末補償オプションが必要ない理由について、次の記事に詳しくまとめていますので合わせて参考にしてみてください。

ポケットWiFiの端末補償オプションは必要ない3つの理由
ポケットWiFiの端末補償オプションは必要ない3つの理由 ポケットWiFiの端末補償オプションは、端末が故障、あるいは紛失したときに支払うお金を少なくできる有料のオプションサービスです。...

ポケットWiFiに迷ったらWiMAXがおすすめ

ポケットWiFiに迷ったら、次の理由からWiMAXがおすすめです。

WiMAXがおすすめの理由
  • 月データ容量の上限はなく、短期的な通信制限もかなりゆるい
  • 他ポケットWiFiと比較しても十分安い
  • ポケットWiFiの中で最も通信速度が速い
  • 十分なバッテリー持続時間でストレスがかからない

そして、WiMAXプロバイダの中では「Broad WiMAX」か「GMOとくとくBB」がおすすめです。

月額料金が最も安い「Broad WiMAX」

事務手数料 3,000円
初期費用・端末代 0円
月額料金 1ヵ月目〜:2,726円
3ヵ月目〜:3,411円
25ヵ月目〜:4,011円
3年総額 131,326円
特徴 キャッシュバックはないが、月額料金が最も安い

Broad WiMAXは、キャッシュバックこそありませんが月額料金が最も安いプロバイダです。
キャッシュバックをもらい忘れるという事態が発生しないので、キャッシュバックの受け取り手続きが面倒という方は一番おすすめです。

 

キャッシュバック含めた総額が最安「GMOとくとくBB」

事務手数料 3,000円
初期費用・端末代 0円
月額料金 1ヵ月目〜:3,609円
3ヵ月目〜:4,263円
3年総額 127,660円
特徴 キャッシュバックを含めた総額が最安

GMOとくとくBBは、WiMAXプロバイダの中でキャッシュバックを含めた3年総額料金が最安プロバイダです。
総額で損したくないという方はGMOとくとくBBを選ぶことをおすすめします。

 

WiMAXのおすすめプロバイダ4選をチェックしたい場合は、以下をご覧ください。