<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

光回線をタイプ・目的別で選ぶ

法人向け光回線おすすめランキング7選【2024年最新】人気インターネット回線プロバイダ徹底比較

法人向け光回線のおすすめランキング6選【個人契約との違いは?】
サル
サル
法人向けインターネット回線のおすすめってどれ?
法人契約できる光回線はどうやって比較すればよい?
光回線の法人向けおすすめランキングが知りたい・・

会社や事業所などで光回線を利用する場合は、法人向けインターネット回線(光回線)を契約するのがおすすめです。

しかし、「法人向け光回線を契約するけどどれを選べば良いか分からない」「法人向け光回線の選び方を知りたい」といった意見も多いと思います。

そこで、この記事ではおすすめの法人契約向け光回線ランキングや、法人向け光回線の比較ポイントなどを紹介します。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
法人向け光回線のスペックや料金、契約時の注意点なども詳しく解説します。
この記事で分かること
  • おすすめの法人契約向け光回線ランキング
  • 法人契約向け光回線の比較ポイント
  • 法人向け光回線契約時の注意点
  • 光回線の法人契約と個人契約の相違点
2024年6月法人向け光回線のおすすめ3社!
XLeiひかり 特徴 経営者のための高速インターネット回線!
セキュリティソフト5台分が無償で付いてくる
・実質月額5,000円台〜利用可能
・契約済みのセキュリティソフトを無料で解約可能
・オンラインストレージサーバー込み!
・補助金・助成金支援サービスあり
・通常月額3,000円するJSaaSが無料で利用でき経営に活用できる
おすすめの人 ・高速インターネット回線を探している経営者
・これから法人経営を考えている人
・セキュリティソフトのコストを抑えたい場合
フレッツ光 特徴 ・契約事務手数料が880円と安い
・実質月額4,000円台〜利用可能
・月額料金に変動がないシンプルなプラン
・オフィスまるごとサポートオプションあり
・セキュリティ対策のオプションも充実
おすすめの人 ・NTT回線の安定した通信を求めている場合
・シンプルな料金プランを求めている場合
・オフィスのセキュリティや機器管理等をサポートしてもらいたい場合
DTI光 特徴 ・キャッシュバックで工事費実質無料!
・実質月額3,000円台〜利用可能
・auのスマホ、ケータイ、タブレットとのセット割最大1,320円
・無料でWebサイト作成のオプションを利用可能
・VPNサービスを無料で利用可能
おすすめの人 ・できる限り通信費のコストを抑えたい場合
・au端末を導入している場合
・VPNサービスの利用を検討している場合

 

目次
  1. 光回線法人向けランキング7選比較!おすすめインターネット回線プロバイダは?
  2. 法人向け光回線おすすめ7選を徹底比較
  3. 法人向け光回線を選ぶポイント
  4. 光回線の法人契約と個人契約の違い
  5. 光回線を法人契約する際の注意点
  6. 光回線の法人契約でよくある質問
  7. 光回線・インターネット回線の法人契約ならXLeiひかりがおすすめ

光回線法人向けランキング7選比較!おすすめインターネット回線プロバイダは?

法人向け光回線のおすすめランキング6選法人契約向け光回線ランキングおすすめ7選を比較して紹介していきます。法人担当者や経営者の方で、インターネット回線プロバイダに迷っている人は参考にしてみてください。

法人向けランキング1位「XLeiひかり」

法人向け光回線ランキング1位「XLeiひかり」
対応エリア 全国
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度 データなし
セット割引 なし
同時接続台数 制限なし
※10台程度推奨
キャンペーン特典・キャッシュバック 新規工事料無料キャンペーン
月額料金 ファミリータイプ料金
4,950円

XLeiプロバイダサービス:1,100円〜
マンションタイプ料金
3,850円

XLeiプロバイダサービス:1,100円〜
法人実質月額料金 6,133円 5,033円
法人事務手数料 3,300円
工事費用 19,800円
※新規申し込みはキャンペーンで無料
16,500円
※新規申し込みはキャンペーンで無料
法人契約不可のプロバイダ XLeiのオプションサービスのみ契約可
複数IPアドレス オプションあり
セキュリティサービス
(VPNなど)
セキュリティソフト(5台分)付き

法人向け光回線ランキング1位で最もおすすめなのは、経営者のための高速インターネット回線として登場した「X Leiひかり」です。
X Leiひかりは、以下の4サービスがプランに組み込まれていることが最大の特徴。

  • セキュリティソフト(5台分)
  • オンラインストレージサーバー
  • 補助金・助成金支援サービス
  • 補助金診断サイト

法人契約において、セキュリティ対策は重要な項目です。セキュリティソフトを入れていない企業は無償で5台分付いてきます。
セキュリティソフト未導入の企業はもちろん、導入済み企業はお使いのソフトを解約することでコスト削減が可能となります。
また、JSaaSという通常では月間料金3,000円するサービスを、無料で経営のために活用することが可能な点もおすすめポイントです。

 

法人向けランキング2位「フレッツ光(NTT)」

法人向け光回線ランキング2位「フレッツ光(NTT)」
対応エリア 全国
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度 下り:265.8Mbps
上り:218.9Mbps
セット割引 なし
同時接続台数 制限なし
※10台程度推奨
キャンペーン特典・キャッシュバック 最45,000円キャッシュバック
2年間で最大18,480円割引(東日本エリアのみ)
月額利用料が徐々に安くなる(西日本エリアのみ)
月額料金 戸建てタイプ料金
(3戸以下の建物)
5,070円~

プロバイダ料:550円~
マンションタイプ料金
(4戸以上の建物)
3,145円~
+
プロバイダ料:550円~
法人実質月額料金 6,194円 4,178円
法人事務手数料 880円
工事費用 19,800円 16,500円
法人契約不可のプロバイダ なし
複数IPアドレス あり
※別途購入7480円~
セキュリティサービス
(VPNなど)
・オフィスまるごとサポート(2,200円~)

法人向け光回線ランキング2位のフレッツ光は、個人向け回線のプランでも法人契約が可能です。
戸数によって戸建てプランかマンションプランか分かれるので、どちらのプランに当てはまるかチェックした上で契約しましょう。
事務手数料が比較的安く、月額料金に変動がないのでシンプルなプランで光回線を使いたい方にもおすすめです。
有料ですが、オフィスのセキュリティや機器管理等を隅々までサポートする、オフィスまるごとサポートオプションもあります。

 

フレッツ光ビジネスプラン(NTT)

フレッツ光ビジネスプラン(NTT)
対応エリア 全国
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度 下り:265.8Mbps
上り:218.9Mbps
セット割引 なし
同時接続台数 制限なし
キャンペーン特典 特典なし
法人月額料金 45,210円

プロバイダ料金:82,500円~
(OCNの場合)
法人実質月額料金 128,284円
事務手数料 880円
工事費用 19,800円
法人契約不可のプロバイダ なし
複数IPアドレス あり
※OCN提供でプロバイダ料に込
セキュリティサービス
(VPNなど
・オフィスまるごとサポート(2,200円~)
・24時間出張修理サービス(3,300円
・法人向けIP電話サービス(1,210円~)

フレッツ光には法人向けのビジネスプランもあります。料金は高くなりますが、法人契約向けのさまざまな手厚いオプションがあるので、大規模で会社を経営しPC等の端末を使う場合におすすめの光回線です。
さらに、混雑時に優先して接続される仕様で、さまざまな状況下でも高速通信が保たれるのでいつでもスムーズにインターネットの利用ができます。
安定したネットワーク下で業務を管理したい法人にメリットのある光回線サービスです。

 

法人向けランキング3位「DTI光」

法人光回線ランキング3位「DTI光」
対応エリア 全国
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度 下り:237.8Mbps
上り:218.9Mbps
セット割引 最大1,320円
同時接続台数 制限なし
キャンペーン特典 最大24,000円のキャッシュバック特典 最大20,000円のキャッシュバック特典
月額料金 戸建てタイプ料金
(3戸以下の建物)
5,280円
※プロバイダ一体型
マンションタイプ料金
(4戸以上の建物)
3,960円
※プロバイダ一体型
法人実質月額料金 4,485円 3,184円
法人事務手数料 3,300円
工事費用 実質工事費無料
※19,800円
実質工事費無料
※16,500円
法人契約不可のプロバイダ
※プロバイダはDTIのみ
複数IPアドレス なし
※無料でWebサイト作成オプション付与
セキュリティサービス
(VPNなど)
・VPNサービス(無料)

法人向け光回線ランキング3位のDTI光はプロバイダであるDTIが提供する光回線で、プロバイダ料込みの分かりやすいプランが特徴です。
キャッシュバックを利用することで、工事費用が実質無料になり、さらにセット割引も1320円と他社よりも高い料金割引率なので、できるだけお得な料金で光回線を契約したい方にもおすすめです。
複数IPアドレスは設定できませんが、無料でWebサイト作成のオプションを利用できる他、VPNサービス料金も無料なので、セキュリティ面でも安心の法人契約向け光回線です。

 

法人向けランキング4位「@nifty 光ライフ フレッツ」

法人光回線ランキング4位「@nifty 光ライフ フレッツ」
対応エリア 全国
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度 下り:207.6Mbps
上り:229.1Mbps
セット割引 最大550円
同時接続台数 制限なし
キャンペーン特典 特典なし 特典なし
法人月額料金 戸建てタイプ料金
(3戸以下の建物)
1ヶ月目:5,940円
2~3ヶ月目:5,170円
4ヶ月目以降:6,820円
※プロバイダ一体型
マンションタイプ料金
(4戸以上の建物)
1ヶ月目:3,355円
2~3ヶ月目:3,245円
4ヶ月目以降:4,840円
※プロバイダ一体型
法人実質月額料金 6,728円 4,643円
事務手数料 880円
工事費用 19,800円 16,500円
法人契約不可のプロバイダ
※プロバイダは@niftyのみ
複数IPアドレス なし
※1つのみ有料提供(初期費用:5,500円・月額料金;2915円)
セキュリティサービス
(VPNなど)
・常時安全セキュリティ24(550円・7台まで)
・セキュアプライバシー(440円・7台まで)

法人向け光回線おすすめランキング4位の「@nifty 光ライフ フレッツ」は、プロバイダのniftyがフレッツ光と一体型で提供している光回線です。
法人契約向けの料金プランが充実しており、法人アカウント管理費とプロバイダ料金込みで、特にマンションプランをお得に利用することができます。
ビジネス向けスマホのnifmoと一緒に契約することでセット割引が適用されるので、社用スマホを取り入れつつ光回線でインターネットを使いたい法人におすすめです。

 

法人向けランキング5位「ドコモ光」

法人光回線ランキング5位「ドコモ光」

※1ギガタイプAの場合

対応エリア 全国
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度 下り:274.4Mbps
上り:232.8Mbps
セット割引 最大1,100円
同時接続台数 制限なし
キャンペーン特典 工事費無料特典 工事費無料特典
法人月額料金 戸建てタイプ料金
(3戸以下の建物)
5,720円
※プロバイダ一体型
マンションタイプ料金
(4戸以上の建物)
4,400円
※プロバイダ一体型
法人実質月額料金 4,712円 3,392円
事務手数料 3,300円
工事費用 新規契約で実質無料
法人契約不可のプロバイダ ・BIGLOBE
・hi-ho
・楽天ブロードバンド
・Asahiネット
複数IPアドレス あり
※OCN提供で12,100円~
セキュリティサービス
(VPNなど)
・VPNサービス
(月額:17,270円~・初期費用:66,000円~)

法人向け光回線ランキング5位「ドコモ光」の法人契約は、個人向け回線から契約が可能です。比較的料金が安く、新規契約で工事費用が実質無料なので、会社を立ち上げ初めて光回線を引き入れる場合にもおすすめです。
セット割引にも対応しているので、社用スマホを導入する場合には回線とまとめてセット割を受けるようにしましょう。
VPNなどのセキュリティサービスも充実しており安心して光回線のインターネットを利用できます。

法人向けランキング6位「ソフトバンク光」

法人光回線ランキング6位「ソフトバンク光」
※1ギガプランの場合

対応エリア 全国
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度 下り:324.4Mbps
上り:248.9Mbps
セット割引 最大1,100円
同時接続台数 制限なし
キャンペーン特典 最大37,000円キャッシュバック特典 最大37,000円キャッシュバック特典
法人月額料金 戸建てタイプ料金
(3戸以下の建物)
5,170円
※プロバイダ一体型
マンションタイプ料金
(4戸以上の建物)
4180円
※プロバイダ一体型
法人実質月額料金 5,445円 4,455円
事務手数料 3,300円
工事費用 26,400円
法人契約不可のプロバイダ
※プロバイダはYahoo!BBのみ
複数IPアドレス なし
セキュリティサービス
(VPNなど)
・BBマルチセキュリティパック(627円)

法人向け光回線ランキング6位のソフトバンク光は、ソフトバンク公式の窓口のみで法人契約が可能です。
工事費用がかかり料金は比較的高めですが、変動のない分かりやすい料金プランなのが特徴の光回線です。
最大10回線までセット割引が受けられ最大1,100円が料金から割引かれるので、社用スマホを使う法人にもメリットがあります。
固定IPアドレスの提供はないので、会社のWebページ等を作らない場合におすすめです。

法人向けランキング7位「NURO Biz」

法人光回線ランキング7位「NURO Biz」
※NUROアクセススタンダードの場合

対応エリア 北海道・関東・東海・関西・九州の一部地域
最大通信速度 2Gbps
平均通信速度 下り:541.9Mbps
上り:492.2Mbps
セット割引 なし
同時接続台数 制限なし
キャンペーン特典 オフィス新設、移転で工事費50%OFF特典
法人月額料金 20,735円
法人実質月額料金 22,354円
事務手数料 3,300円
工事費用 55,000円
法人契約不可のプロバイダ
※プロバイダはSo-netのみ
複数IPアドレス あり
(別途購入:6,600円~)
セキュリティサービス
(VPNなど)
・セキュリティサービス(初期費用:33,100円~
・月額料金:20,400円)

法人契約向け光回線ランキング7位の「NURO biz」はNURO光の法人向けプランで、高速通信と手厚いセキュリティサービスが特徴の光回線です。
月額料金は高いですが、他社回線よりも通信スピード高いので、たくさんのデバイスを使い会社を運営する場合におすすめです。
複数IPアドレスも設定可能で、比較的安い料金価格で入手できるので、複数のWebサイトを管理する法人にもメリットがあります。

 

法人向け光回線おすすめ7選を徹底比較

法人向け光回線(インターネット回線)プロバイダおすすめ7選を徹底比較法人契約向け光回線・インターネット回線おすすめプロバイダ7選を徹底比較しました。実質月額料金や平均通信速度などの重要ポイントで比較しています。
※表は左右にスクロールできます

法人向け光回線
プロバイダ
法人実質月額料金 事務手数料 工事費用 最大通信速度 平均通信速度
X Leiひかり 5,033円〜 3,300円 16,500円〜
※キャンペーンで無料
1Gbps データなし
フレッツ光 4,178円〜 880円 16,500円〜 1Gbps 下り:265.8Mbps
上り:218.9Mbps
DTI光 3,184円〜 3,300円 実質工事費用無料 1Gbps 下り:237.8Mbps
上り:218.9Mbps
@nifty 光ライフフレッツ 4,643円〜 880円 16,500円〜 1Gbps 下り:207.6Mbps
上り:229.1Mbps
ドコモ光 3,392円〜 3,300円 実質無料 1Gbps 下り:274.4Mbps
上り:232.8Mbps
ソフトバンク光 4,455円〜 3,300円 26,400円 1Gbps 下り:324.4Mbps
上り:248.9Mbps
NURO Biz光 22,354円 3,300円 55,000円 2Gbps 下り:541.9Mbps
上り:492.2Mbps

法人向け光回線を選ぶポイント

法人向け光回線を比較するポイント法人契約向けプランの光回線・インターネット回線プロバイダを選ぶ際の比較ポイントは次の通りです。

  • オフィスが対応エリアか
  • 通信速度
  • 料金のセット割引があるか
  • 同時接続台数と会社の規模は合っているか

光回線法人向けランキングおすすめ7選比較を参考にしつつ、上記ポイントもチェックしましょう。

以下で詳しく解説します。

法人向け光回線の選び方①オフィスが対応エリアか

法人契約向けプランの光回線・インターネット回線プロバイダを選ぶ比較ポイントの1つ目は、オフィスが対応エリアかどうかという点です。

使用するオフィスが光回線の対応エリア外の場合はそもそも契約できません。さらに、光回線によって対応するエリアの規模や箇所も異なってきます。

対応エリア
フレッツ光 全国
ドコモ光
DTI光
ソフトバンク光
nifty光
NURO光 北海道・関東・東海・関西・九州の一部地域
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
対応エリアの詳細を知りたい場合は、各光回線の公式HPに記載されているエリアマップ等参考にしてから、契約しましょう。

法人向け光回線の選び方②通信速度

法人契約向けプランの光回線・インターネット回線プロバイダを選ぶ比較ポイントの2つ目として、通信速度が挙げられます。光回線の最大通信速度は1Gbpsが基本です。

ただし、これはあくまで最大値であるため、実際に使用した時の通信速度である実測値(平均通信速度)も参考にするのがおすすめです。

最大通信速度 平均通信速度
(実測値)※
フレッツ光 1Gbps 下り:265.8Mbps
上り:218.9Mbps
ドコモ光 1Gbps 下り:274.4Mbps
上り:232.8Mbps
DTI光 1Gbps 下り:237.8Mbps
上り:218.9Mbps
ソフトバンク光 1Gbps 下り:324.4Mbps
上り:248.9Mbps
nifty光 1Gbps 下り:207.6Mbps
上り:229.1Mbps
NURO光 2Gbps 下り:541.9Mbps
上り:492.2Mbps

みんなのネット回線速度参照

実測値は、みんなのネット回線速度などで調べることができます。

法人向け光回線の選び方③料金のセット割があるか

法人契約向けプランの光回線・インターネット回線プロバイダを選ぶ比較ポイントの3つ目は、料金のセット割引があるか否かです。

法人契約向け光回線は、社用スマホと一緒に契約するとスマホ割引が受けられます。

最大1,100円ほどスマホ料金から割引かれるので、通信費用を節約したい場合はセット割引がある法人向け光回線を契約するのがおすすめです。

法人向け光回線の選び方④同時接続台数と会社の規模は合っているか

法人契約向けプランの光回線・インターネット回線プロバイダを選ぶ比較ポイントの4つ目として、同時接続台数と会社の規模が合っているかが挙げられます。

同時接続台数とは、回線に対してスマホやPCなど一度に接続できる台数を指し、どの回線にも推奨される同時接続台数があります。

同時接続台数
フレッツ光 基本は制限なし
※10台程度推奨
ドコモ光 制限なし
DTI光 制限なし
ソフトバンク光 制限なし
nifty光 制限なし
NURO光 制限なし
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
基本的に法人契約向けプランの場合は、同時接続台数が多いので、会社規模で快適に利用することが可能です。会社規模が大きい場合は特に法人向けプランがおすすめです。

上記で紹介した比較ポイントを元に、次の法人向けランキングも参考にしてみてください。

光回線の法人契約と個人契約の違い

法人契約と個人契約の違い
光回線の法人契約と個人契約を比較した際の違いは次の通りです。

  • VPNなどでセキュリティレベルが高い
  • 固定IPアドレスが使える
  • 個人よりもサポート面が充実

以下で詳しく解説します。

法人と個人の違い①法人契約のほうがVPNなどでセキュリティレベルが高い

光回線の法人契約と個人契約を比較した違いの1つ目は、法人契約の方がVPNなどでセキュリティレベルが高い点です。

法人契約はIPアドレスが使えることで、VPNというセキュリティサービスを利用することが可能です。

VPNとは同じIPアドレス同士を繋げることで、外部からの不正な閲覧やアクセスを防げるため、安心してインターネットを利用できます。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
法人の規模が大きくなると、より機密で重要な情報も多くなるので、セキュリティレベルの高いインターネット回線を使うことで管理を徹底するのがおすすめです。

法人と個人の違い②法人契約は固定IPアドレスが使える

光回線の法人契約と個人契約を比較した違いの2つ目として、固定IPアドレスが使える点が挙げられます。

固定IPアドレスとは、Webサイトなどを立ち上げる際に必要な、インターネット上の「住所」に相当するものです。

個人名義で契約すると、固定IPアドレスが使えないために、インターネット回線に接続する度にIPアドレスが変更されるため、ユーザーがWebサイトにアクセスできなくなります。

一方、固定IPアドレスにすることで、立ち上げたWebサイトにアクセスできるようになる他、文書等のファイルの共有ができるクラウドサービスの作成にも役立ちます。

固定IPアドレスの使用 メリット・デメリット
法人契約 ・Webサイトの立ち上げに使
える
・社内で情報を共有するクラ
ウドサービス等作成にも役立つ
個人契約 不可 ・Webサイトを立ち上げても
アクセスできない
Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
光回線によっては、複数の固定IPアドレスが提供できる場合もあるので、会社でWebサイトやクラウドサービス等を取り扱う場合は、法人名義で回線契約するのがおすすめです。

法人と個人の違い③法人契約は個人よりもサポート面が充実

光回線の法人契約と個人契約を比較した違いの3つ目は、法人の方が個人よりもサポート面が充実している点です。

個人よりも法人契約向けの方がインターネット接続に問題が起きると、大きな支障が出やすいためサポートが充実しているものを選ぶのがおすすめです。

たとえば、インターネットが使用できないと会社で取り扱っているWebサイトやSNSでの情報発信ができなくなったり、インターネット上での金融取引や契約などが不能になったりと、打撃が大きい側面があります。

そのため、法人契約ではより手厚いサポートがされます。たとえば電話受付の場合は、個人契約とは別の窓口になっており、24時間体制で対応するサービスが多く、迅速かつ丁寧なケアによって問題を解決できます。

法人契約と個人契約の違いを踏まえ、次のランキングも参考にしてみてください。

光回線を法人契約する際の注意点

光回線を法人契約する際の注意点光回線を法人契約する際の注意点は次の通りです。

  • 注意点①法人契約に対応していないプロバイダがある
  • 注意点②光回線によっては速度制限にかかる場合あり
  • 注意点③法人名義の場合は会社の登記簿謄本が必要

以下で詳しく解説します。

注意点①法人向けに対応していないプロバイダがある

光回線を法人契約する際の注意点の1つ目は、法人契約に対応していないプロバイダがある点です。

プロバイダとは…
光回線とインターネットを接続する業務を担う業者。光回線を契約する際は、プロバイダとも契約する。

光回線を契約する際は、プロバイダ契約が必要不可欠であり、インターネット回線によって取り扱っているプロバイダは異なります。

さらに、プロバイダの中でも法人契約に対応していないものもあるので注意しましょう。たとえば、ドコモ光対応プロバイダの例は、次の通りです。

個人向けプロバイダ 法人向けプロバイダ
ドコモ光 24社 20社
※以下非対応
・BIGLOBE
・hi-ho
・楽天ブロードバンド
・Asahiネット

フレッツ光とドコモ光の場合は、光回線とプロバイダを別個に契約するので、必ず対応プロバイダを確認してから契約しましょう。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
光回線にプロバイダ契約が含まれているプランの場合は、別個に契約する手間がありません。

注意点②光回線プロバイダによっては速度制限にかかる場合あり

光回線を法人契約する際の注意点の2つ目として、インターネット回線プロバイダによっては速度制限にかかる場合がある点が挙げられます。

基本的には、法人向け契約は無制限の高速プランで、速度制限はないとされています。ただし契約しているプロバイダによっては数日間で一定量の通信量を超えると速度制限が課される旨が記載されている場合もあります。

この制限は、各ユーザーが平等にインターネット回線を利用するために定められていますが、過剰な利用でなければ基本的には速度制限はかかる可能性は低いと考えましょう。

注意点③法人名義の場合は会社の登記簿謄本が必要

光回線を法人契約する際の注意点の3つ目は、会社の登記簿謄本が必要である点です。法人名義で契約する場合は、個人名義で契約する時よりも提出する資料や証明書等が多く、その一つに会社の登記簿謄本が挙げられます。

登記簿謄本は市役所または区役所で申請すれば受け取れるので、法人契約時は必ず準備しておきましょう。

光回線の法人契約でよくある質問

光回線を法人契約する際によくある質問光回線を法人契約する際によくある質問を下記でまとめました。

光回線を法人契約する際の名義は法人名にするべき?

光回線を法人契約する場合の推奨名義は、申し込む料金プランが法人向けか個人向けかによって異なります。

申し込むサービス 契約名義
法人向け料金プラン 法人名
個人向け料金プラン 代表者名

法人向けのプランを契約する場合は、法人名で申し込むのが一般的ですが、個人名のクレジットカードで申し込む場合は法人名義で契約できない可能性があります。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
個人名のクレジットカードを使用して支払いをする場合は、個人名で申し込むのが無難です。

個人向けのプランを契約する場合は、そもそも法人名義で契約できないことが多いため、代表者名義で申し込みましょう。

光回線を法人契約したら電話やFAXはどうなる?

光回線を法人契約する場合、電話はアナログまたはひかり電話から選択します。ひかり電話は料金が安く抑えられますが、停電時に発信できないデメリットがあるため慎重に検討しましょう。

Wi-Fi先生
Wi-Fi先生
ただし、ひかり電話の一種である「050」のIP電話を利用している場合はそのまま継続利用するのがおすすめです。

FAXにはG3とG4の規格があり、どちらの規格を使用しているかでひかり電話でも使用できるかどうかが変わります。

G3であればひかり電話のサービスを契約できますが、G4の場合は利用できないため、機器のマニュアルに記載されている規格を確認しておきましょう。

光回線を法人契約する場合も工事は必要?

光回線を転用以外で法人契約する場合は、必ず開通工事と工事への立ち会いが必要になります。

法人契約の場合は営業日以外に工事日を設定し、必ず立ち会える状況を確保しておくのが無難です。ただし、土日祝に工事を実施する場合は別途料金がかかるケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

賃貸のオフィスビルを借りている場合は、あらかじめ管理会社に工事の実施日などを連絡し、承諾をとっておくことをおすすめします。

光回線を法人契約する場合の料金の内訳は?

光回線を法人契約する際にかかる料金の内訳は、主に以下のとおりです。

  • 事務手数料
  • 工事費用
  • 月額料金
  • オプション料金

各費用は契約先の事業者により金額が異なるため、事前に確認しておく必要があります。光回線の事業者を選ぶ場合は、月額料金だけでなく、トータルコストを考慮して選択しましょう。

光回線・インターネット回線の法人契約ならXLeiひかりがおすすめ

光回線・インターネット回線の法人契約ならXLeiひかりがおすすめ光回線・インターネット回線の法人契約ならXLeiひかりがおすすめです。

XLeiひかりが法人契約におすすめの理由
  • 工事費用無料キャンペーンあり
  • 月額料金が安い
  • セキュリティソフト5台分付き
  • オンラインストレージサーバー0円
  • 補助金&助成金申請支援サービスが0円で使い放題

XLeiひかりは法人にぴったりのサービスが付帯しており、キャンペーンも充実しているので料金もお得に利用できます。

特に、1〜30名規模の法人におすすめの光回線です。

 

光回線選びで迷ったらどうすればいい?

当サイト「わかる光回線」が総力を挙げて全21社の光回線を徹底比較し、おすすめを紹介しています。 あなたが選ぶべき光回線はどれなのかが分かりますので、迷った時の参考にしてみてください。

 

RELATED POST